中国医薬品マーケティングセミナー

今後の市場予測と新たな戦略展開法

マーケティング

2020年には10兆円を超える中国医薬品マーケット
製薬会社における今後の中国医薬品マーケティング展開のカギは

 ■緻密な市場調査と分析
 □中国特有の流通制度への対策
 ■医薬品入札制度事情の理解
 □販売パートナー(卸)との関係構築 
 ■地域別のマーケティングの展開


中国のGDPは日本を抜き、米国に次いで世界第二位となった。国民の所得も飛躍的に伸び、関心事は「明日の生活」から「安全・健康・環境」とシフトしている。健康について国民が関心を持っているのは医療であり、中でも医薬品である。
このような成長市場であるが、外国企業が戦略展開するには十分な市場分析、流通制度・入札制度を把握し、また信頼できる販売パートナー(卸)を持つことと地域特性を加味したマーケティング展開がカギとなる。
本セミナーではOTCを含む中国医薬品市場、流通、マーケティングの現状を検証し、今後のマーケティング展開の方向性について解説する。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 山本 勝義
所属 株式会社グローバル・バイオパートナーズ 代表取締役
略歴 1978年 九州大学工学部応用化学科卒業、同年大塚製薬鞄社。学術部。
1980年 新薬開発部にて医薬品の国内外の臨床開発プロダクトマネージャー
1984年 カリフォルニア州Foothill College, Stanford Universityに語学留学
1985年 ドイツフランクフルト臨床研究所に開発業務に従事
1995年 ミシガン大学グローバル・リーダシッププログラム(GLP)修了
同  年 国際ライセンス部にてアライアンス担当シニア・マネージャー
2003年 上海事務所駐在、その後、首席代表(所長)に就任
2009年 株式会社グローバル・バイオパートナーズ設立、代表取締役に就任

・中南大学長沙湘雅医薬臨床研究有限公司(湖南省長沙)日本代表
・北京天健華成国際投資顧問有限公司(北京)日本代表
・経済産業省後援事業「ドリーム・ゲート」専門家アドバイザー

セミナー概要

1.医薬品市場の成長とその要因

   @堅実な中国の経済成長
   A国民所得は毎年10%成長
   B政府医療政策による医薬品産業へ及ぼす影響
   C政府が推進するバイオ産業振興政策

2.中国における製薬企業の最新動向

   @リリー、アストラゼネカのブランド育成
   A武田、アステラス、大塚の中国事業強化政策
   B中国主要製薬企業の動向(揚子江、ハルピン集団ほか)
   C活気付く中国のバイオベンチャー

3.中国の流通制度と主要代理店(卸)

   @中国の卸は3社に統合される?
   A香港市場に上場した国葯集団、上海医薬集団
   B中国進出を果たした日系卸ビッグ3(アルフレッサ、メディパル、スズケン)
   C入札を勝ち取るには卸と人脈がカギ
   D都市部農村の医療格差、所得格差是正により、注目される地方市場

4.マーケティング展開のノウハウ

   @MRは数と配置がますます重要に
   Aデータで見る主要都市の市場シェア
   B主要医療機関とKOL対策
   ●ケーススタディ
        〜巨大市場の攻略法〜
   C代理店選択は地域の強み、実績、ネットワーク力
   D代理販売許可証による製品パイプラン強化

5.OTC薬の現状と将来予測

   @中国におけるOTC薬の分類
   A領域別の市場シェア
   B主要医薬集団の薬局チェーン展開と今後
   COTCもはやり安心・安全な日本製が好まれる

6.今後の市場動向

   @2015年、中国は世界第二位の医薬品市場
   Aヒトで決まる中国医薬品マーケティング
   B勝ち組みになるためには

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 砂防会館(東京都千代田区)  アクセスマップ
受講料 47500円(税込み)
セミナーNo. 3704145
ご案内PDF

本セミナーは企業内研修としても実施が可能です。
御社のニーズ、課題点をお聞きし、より実践的な研修にカスタマイズいたします。お気軽にお問合せください。
企業研修などについてのお問い合わせ



マーケティングの企業研修・リサーチ&コンサルティング

マーケティング研究協会は、お客様ごとに異なる課題点、ニーズを的確に把握し、業界、業態を最適な方法、解決案をご提案。
リサーチ、診断・分析、プランニング、実践研修に至るまで課題解決の全てを、責任を持ってご支援いたします。

リサーチ・研修・コンサルティング