顧客IDから見える!「ブランド育成の最前線」

〜頻度と時間がブランド育成のポイント〜

商品開発・ブランド戦略


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 鈴木 聖一
所属 株式会社IDプラスアイ
代表取締役社長
略歴 1988年、慶応義塾大学商学部卒業、村田ゼミでマーケティングを学ぶ。同年、(株)船井総合研究所入社。食品スーパーの活性化に幅広く取り組み、1992年、顧客満足度に基づくマーチャンダイジングの強化方法を確立した。1998年、(有)PI研究所を設立。近年は、POSからID付POS、ビッグデータへの発展とともに、2013年、(株)IDプラスアイを設立し、マーチャンダイジングのみならず、顧客IDに基づくマーケティング戦略、Z理論を提唱している。

セミナー概要

前半【理論編】:売上高=ID×ID客数PI値×PI値×平均単価

1.ブランド育成に絶対必要なID−POSの基本データとは何か

2.ID−POSデータをどのように、ブランド育成用に加工するか

   1)ブランドの全購入顧客IDの購入履歴を最低1年以上を把握
   2)頻度を期間購入頻度(相対)とと月頻度(絶対)に分解
   3)購入頻度別にブランドの全購入顧客IDを整理
   4)S顧客IDとAB顧客IDを頻度別に整理  
   5)レシート変換により、ブランド以外の商品の購入履歴を把握
   6)リフト値により、商品、カテゴリー、部門間の関係を分析

3.ID-POS分析の結果から、ブランド育成の仮説検証体制をつくる
 
   1)ブランド購入IDをどう獲得するか?
   2)S顧客のPI値、平均単価をどうアップさせるか
   3)AB顧客の頻度(ID客数PI値)アップをどうはかるか
      ※ブランド育成の仮説づくりのキーワードは、頻度と時間!

後半【実践編】:質疑応答を随時お受けします!

事例研究1:グロサリー食品(ワイン等)
   ・ワインの購入顧客の新規IDを増やす、棚割、レイアウト、誘導POP、ちらし活用のポイント
   ・ワインのS顧客とAB顧客の購入実態を把握し、頻度に着目した段階的な顧客ランクアップづくりのポイント

事例研究2:生鮮、日配食品(牛乳、豆腐等)
   ・ブランドごとの顧客ロイヤリティーの違いを把握し、ブランドスイッチと価格政策との関係をつかむポイント
   ・ブランドの品揃えの原則を理解し、ブランド育成をはかるポイント


開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 砂防会館(東京都千代田区)  アクセスマップ
受講料 38,000円+消費税1,900円 …39,900円
セミナーNo. 0608007
ご案内PDF

本セミナーは企業内研修としても実施が可能です。
御社のニーズ、課題点をお聞きし、より実践的な研修にカスタマイズいたします。お気軽にお問合せください。
企業研修などについてのお問い合わせ



商品開発・ブランド戦略の企業研修・リサーチ&コンサルティング

マーケティング研究協会は、お客様ごとに異なる課題点、ニーズを的確に把握し、業界、業態を最適な方法、解決案をご提案。
リサーチ、診断・分析、プランニング、実践研修に至るまで課題解決の全てを、責任を持ってご支援いたします。

リサーチ・研修・コンサルティング