2012年11月14日(水)UP マーケティング人材育成・組織力強化

世界第2位の小売:「カルフールのDNA」を学ぶ武者修行記【1.デュヴア社長との出会いとパリでの店長研修】

■デュヴア社長との出会い

私が25年間お世話になったイオン株式会社を退職し、カルフールに転職したきっかけは、当時のカルフール・ジャパンのデュヴア社長との出会いでした。ある方のご紹介で、デュヴア社長と「何故、カルフールが日本に進出したかについての真の理由」から、日本におけるカルフールの「ポジショニング」や競合他社との「差別化戦略」などを語り合う機会を得ました。ディヴア社長の真摯な態度の中に秘める情熱の強さに惹かれつつ、カルフール本来の魅力を徹底的に学び、日本にもヨーロッパのライフ・スタイルをお手軽な価格で提供することが、自分の仕事人生の集大成ではないかと考えるようになりました。

幕張1号店の当時の状況は、台湾・インドネシア・韓国での成功モデルを導入していたため、日本の成熟したお客様(消費者)には支持されていないばかりか、競合他社の反撃もあり、苦戦を強いられていました。私はこれまでの小売業経験と独自に収集した情報から、打開の道は、下記の2点と捉えました。
・カルフール本来のDNAを学ぶこと
・カルフール流の日本での「現地化」

"日本にそのまま導入すべきこと""日本向けに変えるべきこと"の明確な仕分け
特に、「現地化」をどのような仕組みとして導入するかが課題であると考えました。

■現場で理解した、カルフールの実力

「現地化」を達成するため、本国フランスで直接カルフールの強みを学ぶ機会が必要と考え、転職の条件として「カルフールのDNA」を学ぶ店長研修をデュヴア社長に提案しました。社長のご尽力でフランス人以外では初めての店長研修を準備してもらい、フランス・イタリア・スペインでの店舗研修とパリ本社での「DNA研修」を一人で受ける機会を得たのです。
フランス語を挨拶程度しか話せない私であっても、小売業の現場特有の、言葉を越えた現場での共通点と一緒に働くことで理解できる店舗オペレーションの「肝」を体感することができました。さらに、彼らの強さである「店舗DNA」を正確に学ぶため、滞在先のホテルで「英仏辞書」(地方では、和仏辞書が売っていない)を引きつつ、どのように「お客様をワクワクさせ、お買い物をするのを楽しませながら、買上率を向上させるか」の仕掛けを学びました。

■「現地化」のために志願したフランスでの武者修行

次の2枚の写真は、やはりカルフールは世界第2位のグローバル・リテーラーであり、彼らの強さが未だ日本には導入されていなかったために「実力を発揮できていない」ということを実感するきっかけとなったものです。

carre1-1.bmp



まるで壁面すべてが、飲料水のペットボトルで陳列されているような「壁面陳列」。実際は手が届くところまでが商品であり、それより上はメーカーから提供してもらったダミーのボトルでした。この陳列はお客様(消費者)に「お水を買わなきゃ」、「つい買ってしまう」と思わせるような、お客様を楽しませつつ、お水(商品)を買っていただく素晴らしいノウハウだと感じました。

次の写真は、店舗開店前の商品補充のやり方です。


carre1-2.bmp


陳列担当の従業員は早朝4時から出勤し、お客様がいないフロアーにおいて、ところ狭しと空になったダンボールを積み上げ、一気に商品補充を完了させてしまうのです。日本では、人件費削減の大号令のもとに「お客様がお買い物している時間帯に補充をするため、お買い物の邪魔になったり、補充が終わらずにかえって生産性が落ちている」のが実態です。日本の小売業と比較した際に、とても生産性の高い「店舗オペレーション」であると感心しました。

労働集約型産業である小売業において、このような発想とそれを実現させる店長のマネジメント力の大切さを学びました。



次回は、カルフールの強みである「ヨーロッパの食文化の習得」の奮闘記をお伝え致します。

コラム筆者紹介

講師紹介

講師イメージ

講師 渡辺 幹夫
所属 株式会社グローイング・シーズ代表取締役
略歴 1977年ジャスコ(現イオン)入社、新店開設・スーパーバイザー・店長職やバイヤーを経て、タイ国での買付事務所駐在、米国小売業との合弁事業に参加、多店舗展開時の商品・営業部長を歴任。その後、イオン・グループ全体の社会貢献事業・環境保全活動の事務局としてアジアの高校生交流事業、こどもエコクラブ、アフガン復興支援事業 などを経験。
2003年、 カルフール尼崎店店長(大型店の店長として日本人初、執行役員に就任)、その後、コストコ幕張倉庫店副店長、シアトル本社研修参加、退任後、オフィース・デポにて営業・商品本部長、ゴードン・ブラザーズにて動産の換価マネージャーなどを歴任。 2012年独立、流通業向け戦略作成、グローバル人材育成コンサルティング会社「グローイング・シーズ」を設立し、コンサルティングや講演活動に従事している。独立後間もないながら、自身の体験に基づいた分かりやすく情熱的な講義などが好評を博している。
コラム 世界第2位の小売:「カルフールのDNA」を学ぶ武者修行記
セミナー 量販小売に対する“営業の極意”

コラム一覧に戻る

コラムの更新や、マーケティングに関するサービス情報をお届けします

弊社マーケティング研究協会のメールマガジンサービスは、マーケティング研究協会(以下、当社といいます)が無料 で配信するものです。

メールマガジン登録はこちらから

Page Top