営業力強化(消費財)の研修・コンサルティングメニュー

営業力強化オンライン研修【消費財メーカー様対象】

営業力強化オンライン研修

マーケティング研究協会では、貴社の営業戦略を成功に導くための研修内容をご提案するだけでなく、貴社の状況にあった「オンラインで実施するための手法の設計」も含めてご支援いたします。

研修内容の設計
小売業への提案力強化
POSデータ分析活用
棚割提案研修
階層別研修
新任・若手・マネジャー
職掌別研修
本部担当・営業スタッフ等
開催方法
WEB会議システムでの
インタラクティブなトレーニング
会場受講と配信受講
の同時実施
動画制作&配信
動画受講とオンラインでの
ワークショップの組み合わせ

マーケティング研究協会トレードマーケティング部の「営業力強化研修」とは

消費財メーカー様の営業戦略の実現に向け、小売業への営業力強化を サポートしております。
「トレードマーケティング」とは、営業部門に必要なマーケティング活動です。
営業部門は顧客である「小売業」との協業を通して、消費者・ショッパーを育成していくという視点が非常に重要になります。
マーケティング研究協会 トレードマーケティング部では、メーカーの業務や店頭を熟知した実務経験者を中心としたチームで、小売業の課題解決を目的とした貴社の営業戦略を成功に導きます。

このような営業教育担当者の方、お悩みはありませんか?

今までのように「集合型」での研修を開催することが難しいが、トレーニングの場を設けたい

オンラインでの研修実施は、受講生の習熟度がわからず、効果が薄いのではないか?

研修の企画はあるが、WEB会議システムや、動画配信のシステムがなくどのように実施したらいいか悩んでいる

オンライン研修の開催方法

貴社のご状況に合わせて、新たに大掛かりなシステムを導入することなく、各種オンラインツールでの開催方法をご提案いたします。集合研修よりもインタラクティブにやり取りができ、受講者の学びに直結する開催方法もございます。

WEB会議システムでのインタラクティブなトレーニング

  • オンラインで講義&ワークを実施、グループごとにワークをすることも可能です
  • 一方通行ではなく、通常の集合型のように双方向型での質疑や発表できます
  • 受講者の表情は研修よりも把握でき、質問もしやすい環境という声を頂いております
WEB会議システムでのインタラクティブなトレーニング

会場受講と配信受講の同時実施

  • 本社では会場で集合型研修を実施、各エリアはオンライン受講&ワーク参加
  • 会場での臨場感を体感しながら、オンラインでの受講が可能です
会場受講と配信受講の同時実施

動画制作&配信

  • コンテンツ作成から動画配信まで設計
  • 受講者はWEBからマイページにログインし、簡単に受講していただくことが可能
  • それぞれの進捗度も確認できます
動画制作&配信

動画受講とオンラインでのワークショップの組み合わせ

  • 事前に知識習得部分を動画収録&配信
  • 動画視聴後に事後課題などを実施
  • 事後課題を基にした検討ワークや発表をオンラインで実施

上記は実施の一例です。様々な内容、方法で実施が可能です。お気軽にお問合せください。

オンライン研修実施企業様からいただい声(事例)

  • 大手食品メーカー様
  • 2020年4月入社 新任本部担当
  • WEB会議システムを使用

階層別研修
新任本部担当

WEB会議システムでの
インタラクティブな
トレーニング

目的:小売業とその組織、メーカー営業の活動を理解する

【研修プログラム】
  1. 各業態の状況(GMS/SM/CVS)
  2. 業態別の現状の課題
  3. 小売業の売上方程式 客数×客単価
  4. 小売業組織と役割(本部と店舗、バイヤー・SV・店長)
  5. メーカー営業の活動サイクル

【実施のポイント】

従来の目的
  • ①「流通営業としての知識習得」
  • ②「同期との連帯感を強める機会」に焦点を絞って実施

現場でのOJTも難しいため、①「知識習得」をインプットすることを優先し講義&個人ワーク中心に設計。②「同期との連帯感を強める」ために、分室機能を使ったグループワークを実施しお互いを知る機会は確保。

【研修ご担当者様のお声】
初めはオンラインでも通常の研修と同じような効果が得られるか不安もありました。
実際に実施してみると、受講者同士のコミュニケーションやグループワークでの意見交換などが、むしろ通常以上に活発で驚きました。メーカーの本部担当営業は何をする人で、お客様のこと、取引先とのこと、関与者のことなど理解を深めることができました。
受講者アンケートでは、理解度・満足度も高く、事務局としてすごく安心しました。
  • 日用雑貨メーカー様
  • 対象者 支店長&営業担当者
  • WEB会議システムを使用

中堅・マネジャー
小売業との「取組」強化

動画受講と
オンラインでのワークショップ
の組み合わせ

目的:重点得意先への協働取組提案の企画検討・実行

【研修プログラム】
(動画)1. 取組提案のための得意先の理解 課題の見つけ方
(動画)2. 取組提案のプロセスの理解と提案事例
(全体オンライン)3. 情報収集、課題発見内容の共有、自社と得意先のスイートスポットの設定
(個別オンライン)4. 具体的な提案内容の設定
(全体オンライン)5. 提案内容と実践状況の共有

【実施のポイント】

集まれない状況を踏まえ研修を効率化する形で再設計
「説明用の動画を各自で視聴」+「」他者からヒントを得るためのワークショップ」という形に分割
提案内容の練り上げ:講師と受講者の個別セッションで具体的なアドバイス

【研修ご担当者様のお声】
当初計画の集合研修から大幅に方針を転換することになりました。
中間課題など、動画配信だけで機能するか不安な面もありましたが、実際にはそこまでの影響はなく、むしろ共有と個別でのアドバイスなど、時間を割り切って使ってもらったことで、受講者も集中できたように感じています。
これから結果が共有されていくので、楽しみにしています。

私たちに共感・支持してくださっているお客様

  • アサヒビール株式会社
  • イトウ製菓株式会社
  • 大塚製薬株式会社
  • 株式会社湖池屋
  • キッコーマン食品株式会社
  • クラシエホームプロダクツ株式会社
  • 国分グループ本社株式会社
  • サントリーホールディングス株式会社
  • サンスター株式会社
  • 三幸製菓株式会社
  • 資生堂ジャパン株式会社
  • 株式会社J-オイルミルズ
  • 第一三共ヘルスケア株式会社
  • 株式会社東ハト
  • 日本ハム株式会社
  • 株式会社Mizkan
  • 山崎製パン株式会社
  • UCC上島珈琲株式会社
  • ライオン株式会社
  • 株式会社ロッテ
  • など(敬称 略)

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングメニュー

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-6435-6347

Page Top