マーケティングの研修・コンサルティングメニュー

ブランディング支援

企業ブランド/事業ブランド/製品・技術ブランド/インナーブランディング

BRAND 企業ブランド/事業ブランド/製品・技術ブランド/インナーブランディング

"クライアントの事業の成功"を一番に考えたご支援

私たちは様々な業界を経験している戦略立案のプロ、クリエイティブのプロマネジメントのプロ等を
プロジェクトごとに社内外から集めチームにします
組織に縛られない柔軟さと多様性により、クライアントの事業の成功にとってベストなチームで
ベストなご支援が実現できるのです

「ブランディング」と言っても課題は様々です

  • ブランド戦略に取り組みたいが、何から手を付ければよいかわからない
  • 企業ブランドを社員に体現してもらい、社内から企業価値を向上させたい
  • BtoB生産財業界でのブランディングの手法がわからない
  • 既存製品のブランドが低迷しているので復活させ、シェアアップ・売り上げアップにつなげたい
  • 社内に色々なブランドが存在しており、統制が取れていない
  • 新しい市場に参入するので、既存の市場や製品と差別化したい
  • ブランドと言っても自社の強みが見つからない、わからない

etc.

お持ちの課題・お悩みに応じて
お客様ごとにご支援方法を設計いたします

ブランド戦略の立案

差別化されたブランドコンセプト立案
自社の強みを発見し、競合他社と差別化されたブランドコンセプトを立ち上げるまでのプロセスを1からサポート
ブランドを浸透させるコミュニケーション戦略の立案
ブランドコンセプトを、顧客に対しどんなメッセージでどのような手段で伝えるか、効果的なプランを立案するサポート

ブランド戦略の展開

ブランドHP・映像・販促物等の制作&ディレクション、推進オペレーション
ブランドコンセプトからブレることなく、かつクリエイティブに表現するディレクションと、戦略的に社内外に伝えるためのオペレーションのサポート
インナーブランディング
社内にブランドを浸透させ、社員を通してブランドを実現するための仕組みづくり、ワークショップの企画運営、必要ツール制作までの一貫サポート

ブランドマネジメント

ブランドに関する調査の設計・実行~課題抽出
ブランドの認知・浸透状況を調査し、次の手を打つための調査設計・分析、課題抽出から対応策の立案と実行までのプロセスをサポート
ブランドを整理・管理する機能・しくみづくり
ブランドマネージャー育成
ブランドを成長させマネジメントする人材の育成

事例:事業ブランド再構築&再認知プロジェクト(BtoB企業)

顧客認知を上げるべく、ブランドの再構築から始めた事例

3ヶ月

ブランドコンセプトの立案
  • ブランドイメージの現状と目指す方向性の明確化
  • 自社の強みの明確化
  • 顧客ターゲットとインサイト
  • ポジショニング
  • ブランドパーソナリティの抽出
コミュニケーションプランの立案
  • キーメッセージ・キービジュアルの開発
  • ブランド認知方法の検討
  • PRプランの検討

6〜9ヶ月

社内外へのコミュニケーション実行
  • ブランドHP制作
  • 社内報発行
  • 広告展開
  • 販売店ネームボード変更
  • CM放映
  • 代理店会、展示会のプロデュース
  • 社員向けワークショップ
ブランド浸透調査課題週出
  • CM放映前後のブランド認知調査と課題抽出
  • ブランド認知方法の検討
  • 社内ブランド浸透調査と課題抽出
  • 役員、経営企画部門、営業部門中心にプロジェクトチームを発足。月3回のセッションを3ヶ月にわたり実施。
  • 時に開発部門にも参加してもらい、あらゆる角度から強みを生かしたブランドコンセプトを抽出。
  • クリエイターもスタート時から参加し、ブランドの理解を深めた。
  • コミュニケーションプランを経営に提案し合意を得た後は、担当部門が中心となりプランを実行。
  • クリエイターと共にユーザーの声を聞き、顧客に響くストーリーを生み出し制作物に反映展開。
  • 結果、自社ブランドの認知度と理解度が向上。
  • またブランドに則った各部門の新しい取り組みが加速。新たなサービスも生まれている。

セッション内容の例

1.5ヶ月:ブランドコンセプトの立案(独自性・差別性の明確化)

0. 事前準備 各種データ確認と、セッション詳細内容の決定
1. オリエンテーション ブランディングについてチーム内での理解統一を図る
2. ブランドイメージの検討 顧客が抱くブランドイメージから見える当社とは?将来、どのようなブランドになりたいか?
3. 自社の「強み」の明確化 各カテゴリーでのシェア、既存顧客が選択してくれる理由と使い続けてくれる理由から見える、「強み」を明確にする
4. 製品品質、会社の歴史、生産のバックグラウンドから見える「強み」を明確にする
5. 顧客ターゲティング 顧客ターゲットを明確にし、インサイトを探る
6. ブランド価値の検討 ブランド価値の検討

1.5ヶ月:コミュニケーションプランの立案

7. ブランディングの課題抽出 認知を拡大するためのブランディング課題を抽出する
8. タッチポイントの仮説構築 潜在顧客のタッチポイントを仮説構築する
9. ブランド要素の見直し ブランド要素を見直し、方向性を検討する
10. キーメッセージの検討 ブランドのキーメッセージを構築する
11. マーケティング・ミックスの検討 ブランディング開始のためのマーケティング・ミックスを検討する
12. アクションプランの立案 アクションプランを構築し、役割分担、ToDoリストを作成する

私たちのモットー

ブランドはクライアントの大切な"経営資源"
クライアントが自社のブランドに想いや愛着を持って生み出し、育てるプロセスが重要です
私たちはそのプロセスをデザインしクライアントと一緒に考え抜きアウトプットします

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングメニュー

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

Page Top