VMDトータルサポート

現在の市場環境、貴社の戦略を踏まえて、VMDにより店舗の価値向上をご支援をしております。 数多くの現場を経験してきた外部ブレーンとしてご活用ください。

VMD

現在の市場環境、貴社の戦略を踏まえて、VMDにより店舗の価値向上をご支援をしております。数多くの現場を経験してきた外部ブレーンとしてご活用ください。

なぜVMDが求められる?

モノを買わない時代に!(消費者の価値観の変化)

モノではなくコトへの消費意識が上昇(体験や経験に価値を見出す)
②必要なモノはある。余計なモノを買いたくない。買って損をしたくないという心理
(倹約のライフスタイル化)

モノが売れない時代に!(小売環境の成熟化)

①低価格、高品質・・・ 商品と店舗の同質化!(どこでもそれなりのモノが買える環境)
インターネットも含めたオーバーストア化!(供給過多で競争環境が激化)

このような環境下、お客様からは「買う理由」がある店舗が選ばれています!
つまりストアブランドの訴求力、商品の提案力、売場での販売技術など、売るための努力が求められています。
それを実現するためにVMDの手法を用いて、店舗の魅力を高めます。

そもそもVMDって何?

VMDとは、お客様に対して商品・売場の価値を視覚的に訴求するリテールマネジメント手法です。
買い物時に商品の好き嫌いを判断するのは、わずか4秒と言われています。また、人間が得る情報の83%は視覚情報です。すなわち、4秒間の間にどれだけ視覚的に価値を伝えられるのか?それが重要となります。
VMDの手法を駆使して、見やすく・わかりやすく、買いやすい売場づくりを実践しましょう。

VMDって具体的には?

「AIDAモデル」は、消費者がある商品を見て、それから買う行動に至るまでのプロセスで商売の基本です。
その買い物行動に合わせて3段階で売場づくりを行うことがVMDの基本です。店内に3段階の役割を持ったスペースを設け、段階に応じて商品や情報を魅せていくことで、購買意欲を喚起します。
特にVPは、入店客数やブランドイメージを左右する重要な位置づけとなっています。

VMDって陳列や演出の手法でしょ?

キレイにみえるように商品をディスプレイする。

それもVMDの一部ですが、それだけではありません。ブランドイメージにあったショーイング、シーズン性の演出、売場内のカラーコントロール、重点商品の提案、店内の誘導と回遊性の向上、手に取りやすい商品陳列、ライフスタイル提案、効果的なPOPや販促ツールの設置、売場の鮮度管理、店内の整理整頓(5S)・・・

これらは全てVMDの考え方の範疇です。VMDは、業種や業態によって、注力すべきポイントが異なります。ただ共通することは、視覚的に店頭情報をコントロールすることで、お客様の購買意欲の向上を狙います。
今、リアル店舗としての価値をお客様に伝えるためにVMDは求められています

私達のご支援

現在の市場環境、貴社の戦略を踏まえて、VMDにより店舗の価値向上をご支援をしております。
数多くの現場を経験してきた外部ブレーンとしてご活用ください。

販売店から専門店へ

商品の販売店ではなく、そのカテゴリーの専門家という意識を持ち、お客様のライフスタイルに新しい提案を行っていく売場づくりを行います。

選ばせるから探させるへ

店舗独自のVMD基準を設ける事で、お客様が自分に合った商品を「探し出す喜び」さらに「楽しめる環境」を提供する売場づくりを行います。

陳列から編集へ

商品をただキレイに並べるだけのスペースを作るのではなく、商品の関連性から新たな価値を魅せることでストアアイデンティティーを高め共感される売場づくりを行います。

VMD診断

店舗の問題点を第3者視点で発見し、課題を明確にし、改善に導きます。

店舗とお客様のズレ、店舗間のギャップ、競合との差異を抽出し、改善への道筋を描きます。

VMDコンサルティング

VMDの計画・企画・手法だけでなく、運営体制まで一緒に創り上げます。

店舗の現状とあるべき姿に合わせて、フルオーダーメイドでのコンサルティングサービスをご提供させていただきます。

VMD研修

VMDの考え方・知識・スキルを組織に植え付け、実践・運営できる人材を育てます。

セミナー・クリニック・コーチング・マニュアルなど様々な手法で組織と人材を育てます。

近年実績クライアント

近年実績クライアント

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングメニュー

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

Page Top