売場VMDの強化:売場改善とスタッフのレベルアップを同時に!

レイアウトからディスプレイまでVMDに求められる知識やスキルを習得します。業界や組織に合わせて理論や実践手法を取捨選択し、使える手法をご提供いたします。

売場VMDの強化

【こんなことありませんか?】
  • アパレル業界の理論や事例が多く、うちの業界に上手く落とし込めていない。
  • チェーンストアでの標準化と個別ショップでの独自化の狭間でバランスが取れていない。
  • 担当者の感覚地、経験値での業務になりがちで、効果検証ができていない。

レイアウトからディスプレイまでVMDに求められる知識やスキルを習得します。
業界や組織に合わせて理論や実践手法を取捨選択し、使える手法をご提供いたします。

コンセプト「研修を通じて、店舗の改善!(Before→After)」

研修を通じて、店舗の改善!(Before→After)

トレーニングの進め方(例)」

第1回(基礎知識編)
1)売場づくりの影響力
  • 良い店舗、良い売場の条件
  • お客様の購買心理(AIDMA)
2)VMDの基礎・基本
  • レイアウトとゾーニング
  • VMDの定義と全体像(VP・PP・IP)
  • VMDの成果となる数値
3)VPの作り方
  • お客様の目に留まりやすい環境とツール
  • お客様の興味ゴトの理解
4)PPの作り方
  • ディスプレイ手法の理解
  • お客様の動線と誘導
5)IPの作り方
  • 商品陳列の基本
  • 効果的なPOPの設置
6)接客との連動
第2回(VMD変更編)
1)VMDの変更(企画・改善)の準備
  • 明確にしておくべき3つの情報
    お客様のモチベーション理解
    売場を演出するツールの活用
    お客様の興味ゴトの洞察
2)VMD変更の事前準備
  • 新たなVMD企画の留意店
  • VMD改善時の留意点
3)VMDシートの作成
  • 売場変更のハウツー
  • VMDシートに基づいた準備と作業シミュレーション
4)VMDのPDCA
  • 反応検証とノウハウの蓄積
5)VMDにとって重要な5Sの視点

事例1:アパレルブランド

エリアマネジャー・店長対象 "VMDマネジメント"で新規顧客増

"VMDマネジメント"で新規顧客増
  • 現場の接客力に頼った販売を続けており、販売スタッフの配転や退職があると、売上に大きな影響が現れていた。接客に依存しすぎない販売スタイルを作り上げるため、「魅力的な店舗づくり」に着手。
  • 強みである接客力をさらに活かし組織力を強化していくために、VMDの改善と店舗でのコーチングの強化を行い、スタッフ全員が共通認識を持った上での販売スタイルづくりを検討。
  • 店舗運営のキーマンであるエリアマネジャーと店長を対象に、VMDとマネジメントの研修を実施。接客力をより活かすためのあるべき売場とマネジメントについて検討しアクションプランを作成。
  • 研修時に作成したアクションプランに基づき、VMDと接客を連動させた販売スタイルの確立に向けて、全店舗が同じ方向を向いて日々の業務を遂行。
成果
VMDを改善したことにより、客数が増加。これまでブランドの魅力を伝えられていなかったターゲットに対して、VMDを用いた売場提案を行ったことにより、新規顧客も増加。
売上も昨年比を大幅に越える店舗が出てきており、館から表彰され、店長以下、店舗スタッフのモチベーションも高まった。
研修ご担当者の声
これまで接客とVMDを連動させた教育は行っておらず、それぞれがぶつ切りとなってしまっていた。お客様に対するアプローチ~提案という意味では、VMDをきっかけとした接客という流れは新鮮であり、業務そのものであったため、参加者の理解度、実践度も高かった。
弊社企画担当より
研修企画前に数店舗にお伺いさせて頂きましたが、売場も接客もバラバラの状態でした。多エリア、多ブランドある中で、会社としての基本が抜け落ちてしまっている状態でした。本研修を通じて、販売スタイルの基本ができあがりました。

事例2:ライフスタイルストア

店長・マネジャー・販売スタッフ対象 店舗で即実践 "売場づくり改善コーチング"

店舗で即実践 "売場づくり改善コーチング"
  • 品揃えと売場づくりのコンセプトが一致せずに、販売スタッフにお客様から質問が多く寄せられてしまっていた。効率的に店舗運営を行うために極力、接客を減らすために、セルフで完結する売場づくりが必須な状況でした。
  • 品揃えと売場づくりにおいて、「お客様の選びやすさとは?」を学ぶことをコンセプトに。座学でのセオリーの理解と、売場企画、売場づくり実践を1日で完結できるようにカリキュラムを開発。
  • 研修は店舗で実施。バックヤードにて、座学の研修を実施した後に、売場にて実践の流れで研修を実施。
  • 各店舗を順々に研修で回る中で売場改善事例が蓄積された。それに解説を加え、マニュアル化することにより、実際の事例による売場づくりマニュアルが完成した。
成果
座学で学ぶだけでなく、すぐに店舗で実践することにより、より具体的に考え方を理解でき、すぐに実践することができた。
研修の場を通じて、売場に必要な情報が整理できたことにより研修後、本部から提供されるツール類(POP)の内容も改善した。
その結果、店舗でのお客様からの問い合わせが減り、人時生産性の高いシフトコントロールが可能となった。
研修ご担当者の声
品揃えにこだわればこだわるほど、お客様にとってわかりづらい売場になってしまっていたことを、研修参加者全員が認識したことが最大の収穫。お客様にとってわかりやすい売場?を日常から考え、各店舗で工夫を凝らせる風土になり売場も変わりつつある。
弊社企画担当より
投入SKU数が膨大で売場のスタッフも優れた商品知識を有しておりました。しかしながら、それらがお客様に上手く伝えられていないことが一番の課題でした。お客様視点で考え、売場提案を行っていくことで、わかりやすい売場の実現と継続をすることができました。

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングメニュー

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

Page Top