マーケティングの研修・コンサルティングメニュー

商品開発プロセスの業務支援サービス

■マーケティング機能(部門)の課題とは

1.コンセプト開発における仮説構築力が弱い
2.業務プロセスが不明瞭・未整備・担当者の力量に偏りがち
3.部門間連携の不調和(組織における横串機能の改善)

などの課題が多く挙げられています。

マーケティングは、経営方針、組織風土、人員体制、業務改善などの会社経営の根幹となる領域
であるため、一筋縄で解決できる問題ではありません。問題が深く複合しているからこそ、
どこから手をつけていけばいいのか分かりにくい場合がほとんどです。

商品企画、開発業務の担当の方には下記のジレンマがあるのではないでしょうか。

「新商品がヒットしない」「ブランド力が弱い」
「競合との差別化がはっきりしない」
「エクステンション(拡張)が純増にならない」

しかしながら、 
「具体的に何をすればよいのか、分からない」という声をよく耳にします。

■本支援サービスの特徴

160108.jpg


■業務支援の活動実績について

ケース1:
商品開発力を強化したい、開発業務を段階的な手順で行いたい(ニーズに合った開発、売れる商品、オリジナリティのあるものにする)

上市に至るまでの商品開発プロセスを「やる(Do)」→「できる(Can)」へ業務をバックアップ。
開発者の思い(Passion)をかたち(Product Out)にしていくサポートを行います。

160108_1.jpg


ケース2:
営業部門の販売計画と予算が連動していない、商品資料のみで販売シナリオが不足している。(部門連携の欠如)

開発・マーケティング部門、製造・管理部門(生産・物流)、営業部門の部門連携による
PDCAサイクルの運用により、活発なマーケティング活動に向けた業務のお手伝いをいたします。

160108_2.jpg


■業務支援サービスの業務体制

数か月から半年、数年に渡り、貴社の商品開発プロセスに関する業務支援を定期ミーティングを継続していきながら行っていきます。

160108_3.jpg

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングメニュー

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

Page Top